Booのひとりごと… 'The Long and winding load…'

趣味の鉄道・飛行機の写真を中心に、その他感じた事を思うがままに…。

思い出したように道東道

そういえば年始の釧路帰省の帰り、道東道の新開通区間(十勝清水~トマム)
を通った時に写真を撮っていたので遅くなりましたがご紹介。

皆様ご存じの通り、このルートはあの難所「日勝峠」を通ります。
十勝清水ICから入ると、トマムまではなんと20kmほどと、短い距離ですが、
日勝峠を越えなくて済むというのは、メリットといえるでしょう。

↓これは十勝清水から入ってすぐの画像。十勝らしい広大な景色ですね。
doutou1.jpg


↓だんだん山並みが近づいてきました。左側がなんとなくそんな感じなのですが、結構切り通しの様になっている所が多かったです。
doutou2.jpg


↓基本は一車線です。
doutou3.jpg


↓左右を防風柵で囲まれています。十勝の大自然は風も強いのです。JRも防風柵が多くなりましたね。
doutou4.jpg


↓左上の緑色の看板、「道東自動車道最高点」と書かれています。
でもさすがは高速道路だけに、坂はきつくありません。
doutou5.jpg


↓そうこうしているうちに、あっという間に終点です。道道136号線に出ました。所要時間は十数分でした。ただ、やはり課題は冬の降雪でしょうね。現に釧路へ向かうときは大雪だったのもあり、通行止めとなっていました。
doutou6.jpg


この高速が夕張まで繋がったときは、利便性も高くなりますので、JRも苦戦を強いられる事と思いますが、まだまだ冬のアドバンテージはJRにあるでしょうか。

因みに道道136号線沿いは、石勝線のルートと併走しているので、撮影にももってこいです。もちろん私も撮影しながら夕張を目指しました。


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2008/02/04(月) 20:20:05|
  2. ひとりごと
  3. | コメント:3
<<「この」豚丼 | ホーム | 日帰り撮影>>

コメント

道東道

>森田検索さま
道内でもチェーンを撒く人はおります。
例えば札幌市内の道路では、恐ろしいぐらいツルツルになる場合が日常茶飯事ですので、チェーンを巻く方がいらっしゃいます。基本はスタッドレスタイヤで走っていますから、チェーンに頼る人は少ないと思います。車の性能もタイヤの性能も良くなって、昔のようにチェーンを巻いて峠を越えるなんてことは少なくなったと思いますよ。トラックなどでは日勝峠のような急坂だと巻く場合もあるかと思います。僕はチェーン巻いたことありません。巻き方も知りません(笑)

>マリンライナーさま
そうですね、峠を越える事を考えると雲泥の差ですね。ただ、やはりトマムまででは中途半端ですので、夕張まで繋がったときに、その効果は絶大ですね。樹海ロードも通らなくて良いならば、かなりの時間短縮となるでしょうね。
  1. 2008/02/06(水) 21:23:45 |
  2. URL |
  3. Boo #1O2DPKrI
  4. [ 編集]

道東道、やはり通りやすそうですね。
日勝峠の急勾配・急カーブが回避されるのでしたら十分な価値がありますよね。
でも、キハ283系だったら意外とあっさりと越えてしまう狩勝峠(昔は難所でしたが)。
これで少しは道央と道東が近くなりましたかね。
  1. 2008/02/06(水) 19:28:02 |
  2. URL |
  3. マリンライナー #-
  4. [ 編集]

嫌~な路面状況ばっかりですね。

巻くべき状況でもないのに、しかも本来は前輪なのに後に巻き、
アスファルトなのに薄氷を踏む思いとはこれいかに?
個人的には徐々に微笑ましい画に見えつつある関東の積雪ですが、
道内ドライバーはチェーン使うんですか?
  1. 2008/02/06(水) 06:09:54 |
  2. URL |
  3. 森田 検索 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Boo

Author:Boo
お酒のみには「うっちん茶」!
撮影場所については、「お立ち台通信」などを参考にしています。

地球の名言�


presented by 地球の名言

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する